A-389 ツタンカーメンの全身像(副葬品) A-389

16,200円(税1,200円)

購入数
H.42×W.15×D.14cm
制作年代  : 紀元前14世紀
収蔵美術館 : カイロ・エジプト考古学博物館
出土地・年 : 王家の谷KV62 1922年

古代エジプト第18王朝ファラオ、ツタンカーメンの第三人型棺(最も内側の層でミイラを直接格納していたもの)を模した縮小レプリカ彫像です。ツタンカーメン(Tutankhamun B.C.1342-1324 正確には“トゥト・アンク・アーメン”)はアメンホテプ4世(アマルナ革命を起こしたアケナテン)の息子ですが、父が強力に推進したアテン信仰を捨て、従来からのアメン信仰へと回帰し、アメン神官との融和を進めました(ツタンカーメン自身は少年にすぎず、実際には周囲の王族、家臣による対応だったと考えられています)。1922年にハワード・カーターによって発見された王墓は、3000年の時を越えてほぼ手つかずの状態で発掘されました。ミイラを収めた棺は、じつに八重に格納されていました。有名な「黄金のマスク」はミイラに直接被せられており、そのミイラは三重の棺に納められていました

この商品に関連する記事が店長ブログにあります。以下のリンクから読めますので参考にして下さい。
A−389 ツタンカーメン全身像(副葬品)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。