K-107 パジャント胸像(ベレニケ) K-107

48,600円(税3,600円)

購入数
H.79×W.56×D.34cm
制作年代  : 頭部:2世紀頃(原作は古代ギリシャで現存せず)
        胸部: 1600年頃
収蔵美術館 : パリ・ルーブル美術館
出土地・年 : ローマ・ボルゲーゼコレクションより購入

この石膏像の原形となった彫像は、フランスのルーブル美術館に収蔵されています。「パジャント」という名称は日本国内のみのもので、ルーブル美術館の目録では「ベレニケ(Berenice)」と呼ばれています。フィレンツェのウフィッツィ美術館にも、ほぼ同形の彫刻の頭部が収蔵されていますが、そちらでの表記も「ベレニケ」となっています。「ベレニケ」とは、一般的に古代地中海に見られた女性名で、とくに古代エジプト・プトレマイオス朝の女王・王妃を指すとされています。複雑に編み上げられ左右に垂れ下がる髪型が特徴的で、これはアフリカ系リビア人を表す図像とされています

この商品に関連する記事が店長ブログにあります。以下のリンクから読めますので参考にして下さい
K−107 パジャント胸像(ベレニケ)

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。