K-134 面冠女神像(メデューサの顔を戴くアテナ) K-134

55,000円(税込)

購入数
H.61×W.44×D.32cm

石膏像サイズ: H.61×W.44×D.32cm(原作サイズ)
制作年代 : 1840 年
収蔵美術館 : ドレスデン・アルベルティーヌム博物館
作者 : シュヴァンタラー(Ludwig Michael Schwanthaler 1802-1848)

19世紀前半ドイツ新古典主義時代に活躍したシュヴァンタラーの作
品です。古代ギリシャ神話上では、アテナから盾を借りゴルゴン三姉
妹の退治に成功したペルセウスが、その返礼として三女のメデューサ
の首をアテナに献上したとされています。その首は最終的にアテナの
盾(アイギス 山羊皮を使った防具のこと、盾、肩当て、胸当てなど)
の中心にはめ込まれたとするのが通説ですが、ここでは頭上に戴く図
像となっています。

現在のオーストリア・チロル州エリアで何世代も続く彫刻家の家系
に生まれたシュヴァンタラーは、ミュンヘン美術院の学生からキャリ
アをスタートしました。新設されたグリプトテーク(ギリシャ・ロー
マ博物館)の装飾デザイン・彫刻を手掛けるなど実績を積み、国費給付でローマに派遣されるなどしました。帰国後は当
時のバイエルン国王ルートヴィヒ 1 世による新宮殿、教会、美術館など多くのプロジェクトに参画し、たくさんの作品を
残しました。

この商品に関連する記事が店長ブログにあります。以下のリンクから読めますので参考にして下さい
K−134 面冠女神胸像

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。