M-410 古代ヴィーナス半面(アバタ) M-410

7,560円(税560円)

定価 7,560円(税560円)

購入数
H.30×W.20×D.15cm
制作年代  : 紀元前350〜325年
収蔵美術館 : アテネ・アクロポリス博物館
出土地・年 : ギリシャ・アルカディア地方 Tegeaより出土

古代ギリシャ神話上で、医学・医術と関連する神とされるフィギュエイアの彫像です。やはり医術の神であるアスクレピオスの娘です。ヒュギエイアは女性神格であったため特に婦人病に関しては大きな権能を持つとされていました。絵画・彫刻に表現される場合は、薬か水を入れた壺(または杯)を携えているときが多く、その杯に蛇(アスクレピオスの象徴は、蛇の絡みつく杖”アスクレピオスの杖”)が絡んだ図像は”ヒュギエイアの杯”として薬学のシンボルに用いられています

この商品に関連する記事が店長ブログにあります。以下のリンクから読めますので参考にして下さい
S−204 古代ヴィーナス首像

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。