N−034 とげぬき童子全身像(小) N−034

21,600円(税1,600円)

購入数
H.35×W.20×D.26cm

制作年代  : ローマンコピー(原作は紀元前1世紀頃)
収蔵美術館 : ローマ・カピトリーノ美術館コンセルヴァトーリ宮

“とげぬき(英語ではThe Spinario)”は、紀元前1世紀頃の古代ギリシャで制作された彫像で(現存せず)、ローマ時代にたくさんの複製品が作られました。コントラポストなどのカノン(基準・規範)を重視し理想美を追求したクラッシック期とは異なり、彫刻のテーマ、表情、ポーズ、モデルの年齢などに幅が広がったヘレニズム期の作品です。足の裏のとげを探る少年の姿は、人間の理想美とはかけ離れたものですが、何気ない日常の姿に彫刻家は美を感じとったのかもしれません。
石膏像のバージョンは、カピトリーノ美術館収蔵のものが原作です。ヨーロッパの複数の美術館に様々な“とげぬき”が収蔵されていますが、カピトリーノのブロンズ像は最も評価の高いものです。

この商品に関連する記事が店長ブログにあります。以下のリンクから読めますので参考にして下さい
N−034 とげぬき童子全身像

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。