[堀石膏制作の歴史]

 
1936年 埼玉県出身の堀豊吉(ほりとよきち)が、日本の石膏師の始祖である宮島一氏の弟子の
      大内芳氏の工房に入門

1940年 大倉陶園、松平新吉氏の工房などの仕事に従事

1950年 東京都豊島区雑司ヶ谷(現在地)にて、堀石膏制作を設立

1964年 堀豊吉の娘婿の脇本正勝が入門

1972年 堀豊吉没。脇本正勝が工房を継承

1993年 現代表の脇本壮二が、勤務する会社を退職し渡仏。一年間ヨーロッパの
      主要美術館を視察。古代彫刻、石膏像の複製文化などを調査・研究

1994年 脇本壮二が正式に工房に入門

2009年 Amebaブログにて「きょうの石膏像」連載を開始

2010年 ネットショップ「石膏像ドットコム」スタート

2011年 「石膏像ドットコム」の大幅リニューアル、送料無料化

2012年 「石膏像ドットコム Amazon店」スタート

2014年 「石膏像ドットコム Yahooショッピング店」スタート

2015年 「石膏像図鑑」を出版

2016年 脇本壮二が三代目工房代表に就任


 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。